マーケティングすれば営業しなくても集客できる???

ライティングやマーケティングを勉強してから気づくようになったのですが、マーケティング関連の講座の広告をみると、「こういう風にすれば集客ができるんです」という話がよく出てきます。

そして必ず、ピーター・ドラッカーのことを引き合いに出して、「マーケティングは販売を不要にすることだ」という言葉が持ち出されます。

しかーし、本当にそんなことはできるのでしょうか?

ピーター・ドラッカーのロジックは有名で、マーケティングの父という人もいますが、マーケティングをやりさえすれば集客はできるのでしょうか?

マーケティングだけでうまくいきましたー というのは眉唾じゃないかと思います。
売れている人は、マーケティングを行いますが、営業もしっかりやっていると思います。

マーケティングに関係する教材を売っているR社も、例のピーター・ドラッカーのことばを出して、「営業しなくても売れますよ~」と煽った宣伝をしているのに、オンラインの番組では、「営業が一番重要だよねー、本当に苦労するわー」と本音を吐いていたりします。

でしょー、やっぱり、営業活動やんか!

マーケティングは営業と分けない方がいいんじゃないかと思うんです。

マーケティングは売るための、つまり営業活動の一環ですというのなら腹落ちします。

しかし、マーケティングをなんでも解決できる魔法の杖のように喧伝され、「本当は、スキルをつけるためには手間もかかり、時間もかかることを」を、「あっというまに簡単にできます」と煽って広告されていることがいやなのです。

そりゃ、誰でも困っているし、藁にもすがりたい気持ちにもなりますよ。

でも、結局いっぱい勉強して、トライ&エラーを繰り返して、多くの人に会って、いろんな声を聞いて自分の商品・サービスを見直し、表現方法を見直し、ずーっと改善をやり続ける。それしかないんじゃないか、私はそのように考えています。


売っている商品について、一貫して事実を語るべきで、それがコピーライターの良心であると考えているのです。私ももっともっと勉強していかないといけません。

いつの日か自分でやってみて、これが上手くいきました、これは失敗しました、とういうことをまとめてお話できればと考えます。

それでは、また。