3 真理瞑想行について


運命を拓く 天風瞑想録” の学び


こんにちは。ご来訪ありがとうございます。 
やまおか きよしです。


中村天風をご存知でしょうか。

名前は訊いたことあるかも知れません。大谷翔平の愛読書で有名かも知れません。
著名な人に、大きな影響を与えた英傑だと思います。

「運命を拓く」を学び、人生のあり方を一緒に考えてみませんか。




運命を拓く 瞑想録
3 真理瞑想行について


真理瞑想行について

真理瞑想行とは、人生に対する自覚と反省とをうながし、
現在ある命をよりよく有意義に活かすのに必要な基礎的考えを、
正確につくりあげることを目的としている。

心身統一法の根本原則の中で、最も重要なことは、心を絶対的に積極化し、
精神態度を本来ありうるべき姿に即応させることである。

したがって、真理瞑想行では、人間の生命に与えられている法則という、
普通の人の知らない貴重な人生案内が主眼とされている。


あなたの修行に代わり、私 (天風) がお伝えする

私は、インドの山の中で、「心とは何だ。お前の現在の心はお前の本当の心か」
「人間とは何だ」 この与えられた問題を修行し、研究してきた。

あなたでは、半年かかるか半分も解決できないかもしれない。
そこで、あなたが悟るかわりに、私からお伝えする。

あなたは、一人でヒマラヤの山奥で端座瞑目して、
真理と取り組んでいるのだと厳かに聞いて欲しい。
悟りというのは、自分の心が真理を感じた時の心の状態をいう。


安定打坐(あんじょうだざ)

本来人間は、この世に生まれ出た時から、絶えず心理に接し真理の中で生きている。
しかし、心の上に雑念妄念がおおいかぶさっているために、
真理の中に生きて居ながらその心理を悟ることができない。

ところが、安定打坐(あんじょうだざ)という特殊な方法を行うと、
雑念妄念がたちどころに消え去っていく。

私の体験によれば、年配者の方が、悟りが遅いという傾向がある。
疑う気持ちや批判を乗り越え、ただ無念無想の状態で、内容をわかろうとするのではなく、
ただ受け入れていくという気持ちで行うことが何よりも大切である。

そうすれば、無条件で悟りの悟りの花を開かせてくれることになるのである。

注:文中の「私」は中村天風です。





安定打座については、少しずつ学んでいこうと思います。





(参照文献 「運命を拓く 天風瞑想録」 中村天風)




ではでは



Office Kiyoshi 山岡希吉(やまおかきよし)


SMILE方式であなただけのビジネス・ストーリーをつくってみませんか。
ご相談はお気軽に!

soudan@office-kiyoshi.com



あなたに、たくさんのいいことがやってきますように。
あなたの「吉」が、私の「希(ねがい)」